クレームカタラン

フランスの「クレームブリュレ」。
スペインの「クレームカタラン」。

元々、スペインのカタランがフランスに伝わり、ブリュレ(焦がしたという意味)になりました。

ブリュレはベースの生地をオープンに入れて、湯煎で焼き上げますが、カタランはベースの生地に粉やレモン、アニスを加えてよく練り上げます。

仕上げにも違いが...ブリュレはバーナーで、カタランは焼ごてでカリカリに!

明日のフランス郷土料理教室〜ラングドックールーション編〜のデセールは、「クレームカタラン」です(o^^o) オレイエット付き〜♪
お楽しみに(^^)

Bistroあおい食堂

女性シェフ加賀田 京子がオーナーシェフの小さなビストロです。 店名は娘の名前から付けました! 素材にこだわった、身体にも心にも優しいフレンチをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000